Home > お知らせ > 日本医師会生涯教育制度カリキュラムコードの付与⽅法等変更について

(R4.4.22)

2022年度日本医師会生涯教育制度実施要綱の改正において、カリキュラムコードの付与方法

及びカリキュラムコードに紐づく表題名の一部が変更になりました。

次回申請時より新様式(学術講演会-申請書よりダウンロード)をご使用のうえ、

以下のとおり単位を申請くださいますようお願い申し上げます。

 

                   記

 

1.1時間以上の演題の場合でもカリキュラムコードの付与は1つとし、
  講演時間30分当たり1カリキュラムコードを付与することは認めない。
  例えば、1時間の演題に対し2つのカリキュラムコードを付与することは認めない

 

2.30分の演題に対し、0.5単位・1CCを付与することは差し⽀えない。
  なお、本取扱いは、30分の演題に限定した特別の取扱いである。(従来どおり)

 

3.単位付与と演題の時間の考え⽅について
  単位の付与は30分につき0.5単位が最⼩単位である。
  例えば、90分の演題の場合、1.5単位・1CCを付与することになる。

 

4.ひとつの演題において、複数の演者が講演する場合について
  次のような、いわゆるシンポジウム・パネルディスカッション形式が想定される。
  また、質疑応答の時間は演題の時間に含めてよい。
  (1演題に1人の演者が講演する場合と同様)

 

(例1)
  演題●●●●●●(合計時間60分)
  講演①演者A(20分) 講演②演者B(20分) 講演③演者C(20分)

 例1の場合、各演者の講演時間は20分であり、単位付与の最⼩時間である30分に

 満たないが、「演題●●●●●●」を1 テーマ60分の演題(質疑応答の時間を含む)と捉え、

 「演題●●●●●●」に対し、1 単位・1CCを付与することは差し⽀えない。
 また、上記に30分の質疑応答やパネルディスカッション等が含まれる場合は
 90分の演題と捉え、1.5単位・1CCを付与することは差し⽀えない。

 

(例2)
  演題■■■■■■(合計時間60分)
  講演①演者A(30 分) 講演②演者B(30 分)

 例2の場合、各演者の講演時間は30分であるが、「演題■■■■■■」を1テーマ60分の
 演題(質疑応答の時間を含む)と捉え、「演題■■■■■■」に対し、1単位・1CCを

 付与する。講演①および講演②の各々にCCを1つ付与することは認めない。

 

問合せ先:庶務課(TEL 097-532-9121)

 
会員ログイン



全国国民年金基金日本医師・従業員支部
会員のためのガイドブック
Adobe Reader 取得
Adobe Readerダウンロード
一太郎ビューア 取得
一太郎ビューアダウンロード
Scan the QR Code