Home > 医療事故調査制度

 

 

◆医療事故調査とは◆

 

 医療事故調査制度は、平成26年6月に成立した医療法の改正により平成27年10月1日より施行されました。

 

 医療事故が発生した医療機関において院内調査を行い、その調査報告を民間の第三者機関(医療事故調査・支援センター)が収集・分析することで再発防止につなげるための医療事故に係る調査の仕組み等を、医療法に位置づけ、医療の安全を確保するものです。
本会は医療事故調査等支援団体として、医療機関の院内調査を支援します。

 

 

◆大分県医師会医療事故調査相談窓口◆
  担  当 : 会員福祉課
  連絡先 : 097-532-9121(医師会代表)
  対応時間 : 午前 9 時 ~ 午後 5 時 (平日)
  相談内容 : 医療事故の判断に関する相談 院内事故調査への技術的支援
              1) 外部委員の派遣
              2) 報告書作成支援
   

 

制度の対象◆
制度の流れ◆
医療事故調査の流れに関連する法令・通知について◆
日本医師会院内調査費用保険◆
大分県葬祭業協同組合との協定締結について◆

        

◆リンク集◆        
  ● 一般社団法人日本医療安全調査機構(医療事故調査・支援センター)
                   

                                                                       

 

 

 

 
会員ログイン



日本医学会総会
Adobe Reader 取得
Adobe Readerダウンロード
一太郎ビューア 取得
一太郎ビューアダウンロード
Scan the QR Code